グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


診療科・部門

ホーム >  診療科・部門 >  リハビリテーション科

リハビリテーション科


入院早期より介入し、早期離床・機能の改善を図ります
退院後を見据え、地域との連携を図ります

部門紹介

医師1名、理学療法士16名、作業療法士4名、言語聴覚士2名、事務1名のスタッフで構成されています。
外来、入院(ベッドサイド含む)、休日には対象者を選出し、実施しています。
地域包括ケア病棟において、自宅退院に向けて理学療法士、作業療法士が必要に応じて介入しています。
日本理学療法士協会認定 専門理学療法士 1名 運動器
日本理学療法士協会認定 認定理学療法士 12名 運動器  5名  脳卒中  2名
循環器  2名  呼吸   1名
代謝   1名  健康増進 1名  
介護予防 1名
3学会合同呼吸療法認定士 3名
日本サルコペニア・フレイル学会
認定サルコペニア・フレイル指導士
2名
骨粗しょう症マネージャー 2名
介護支援専門員 1名
ディサースリア認定セラピスト 1名
リハビリテーション栄養指導士 1名
日本摂食嚥下
リハビリテーション学会認定士
1名
日本臨床栄養代謝学会認定 
栄養サポートチーム専門療法士
2名
広島県認定
肝疾患コーディネーター
2名
LSVT LOUD®認定 言語聴覚士 1名
AMPS認定評価者 1名
広島県糖尿病療養指導士 1名
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
認定呼吸ケア指導士(初級)
1名

入院の体制

直後からリスク管理を徹底し、リハビリテーションを開始します。
各病棟に、それぞれの領域の認定資格を有する療法士を配置しています。

各診療科の回診、各病棟での多職種カンファレンス、健康教室(糖尿病骨粗しょう症がんサロン)、院内各種委員会、院内ラウンド(感染対策排尿ケア摂食嚥下栄養サポート呼吸サポート認知症サポート褥瘡対策肝炎チーム)に参加しています。

外来の体制

患者担当制と予約制を導入しています。

院内外活動

地域貢献活動として院外で講師を行っています。
脆弱性骨折の再発予防に取り組んでいます。
従業員の健康づくりにも関わっています。
看護職の腰痛悪化予防に取り組んでいます。

各職種の特徴

理学療法士
肩疾患、スポーツ選手を対象とすることが多いのも特徴です。
もちろん他の整形外科疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、外科の手術後、生活習慣病などにも対応しています。
また在宅酸素の使い方、褥瘡や拘縮予防のポジショニング指導も1人ひとりの状態に応じて行っています。
作業療法士
1人ひとりの状態に応じた生活指導を行っています。
退院前訪問を実施し、現存機能を活かした生活をイメージしてもらい退院に繋げています。

言語聴覚士
脳血管疾患後の口腔機能の低下に対し、舌・口の動きなどの改善を図り、1人ひとりのQOLの改善に繋げています。
また呼吸器疾患、整形外科疾患の嚥下機能の低下に対しても介入しています。

実績

入院リハビリ処方件数(2020年)

学会発表(2020年度 4演題)

  • 第22回 日本褥瘡学会学術集会
  • 第54回 日本作業療法学会
  • 第7回 日本予防理学療法学会学術大会
  • 第17回 肩の運動機能研究会

講座講師

  • 広島県看護連盟研修会

実習生受け入れ(2021年度)

  • 4養成校 6名

施設基準・主たる対象としている疾患

  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション

運動器
  • 肩疾患(腱板断裂、投球肩、脱臼、肩関節周囲炎など)
  • 膝疾患(前十字靱帯損傷、半月板損傷、変形性膝関節症など)
  • その他(骨折、アキレス腱断裂など)

脳血管
  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • その他(脳腫瘍、ボトックス治療後、正常圧水頭症など)
呼吸器
  • 肺炎
  • 肺がん
  • その他(慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、肺線維症など)

地域との連携

  • 退院後または転院先でも、リハビリテーションが継続できる体制づくりに取り組みだしています。クリニカルパス、紹介状でのやり取り、勉強会を開催しています。
  • 肩腱板断裂術後パス
  • 脳卒中地域連携パス
  • 大腿骨頸部骨折術後連携パス
PAGETOP