グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


マツダ病院の取り組み

ホーム >  マツダ病院の取り組み >  チーム医療 >  褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム


褥瘡対策チーム

皮膚科医師、皮膚・排泄ケア認定看護師、リンクナース、薬剤師、理学療法士、栄養士、臨床病理検査技師から構成され各々の専門性を発揮し外来患者や入院患者に対して褥瘡・皮膚トラブルの予防と治療に関する提案を行う多職種チームです。退院後も地域と連携して皮膚トラブルの早期治癒に努めています。

活動内容

褥瘡対策委員会を毎月1回開催

  • データをもとに褥瘡対策の討議・検討しています

褥瘡回診を毎週多職種で実施

  • 褥瘡の評価を行い処置方法やケア方法、褥瘡予防マットやポジショニング、NST介入等について検討提案します

マニュアルの検討

  • マニュアルの見直しを随時行っています
  • 看護過程の見直しを行い最新で最適なケアを行います

ポジショニングの検討

  • 体圧分散マットレスの検討・整備を行っています
  • 小枕法の検討・普及に取り組んでいます

スタッフ教育のために研修会を企画・運営

  • 医師や皮膚・排泄ケア認定看護師、多職種が褥瘡の基本編や応用編の講義・演習を行っています

メンバー

医師(皮膚科医師2名、NST担当医師2名) 4名
看護師(皮膚・排泄ケア認定看護師2名も含む) 11名
理学療法士 2名
薬剤師 1名
管理栄養士 1名
臨床病理検査技師 1名
PAGETOP