グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


診療科・部門

ホーム >  診療科・部門 >  手術室

手術室


概要

手術室は、外科系各科医師、麻酔科医師、手術室看護師、外部委託業者のスタッフで構成されており、患者さんに安心・安全に手術を受けていただくことを目指しています。
整形外科、外科、脳神経外科、泌尿器科、耳鼻科、眼科、皮膚科、歯科口腔外科の8診療科の手術に対応しており、手術件数は年間約2300件です。

近年、医療の高度化および高齢者・ハイリスク患者の増加により、手術リスクが高まっています。そのため当院では、各診療科医師、麻酔科医師、看護師、薬剤師、臨床工学士、検査技師、放射線技師が連携し安全な手術を心がけています。また2014年度から「WHO(世界保健機構)手術安全のチェックリスト」を導入し、実践マニュアルに準拠して手術を行っています。

当院では手術室に専任薬剤師がおり、副作用・アレルギー等による禁忌薬の確認、体重・腎機能の確認、手術で使用する薬剤が妥当かどうか確認しています。加えて、内服中止期間の確認など、全患者を対象にした薬剤管理を行っています。

環境

手術室は全5室で、HEPAフィルター空調システムにより、全室清潔区域となっています。
整形外科、外科では鏡視下手術を積極的に取り入れています。内視鏡6台、術中エックス線撮影装置3台、移動式顕微鏡4台、レーザー手術装置1台を所有し、質の高い手術に対応しています。使用する器具は、「医療現場における滅菌保障のガイドライン」に基づき、洗浄・滅菌しています。

看護師

手術室看護師は、患者さんの情報収集を行った上で、手術前日の麻酔科診察に同席し、その情報を手術担当看護師や外来・病棟・多職種へ共有しています。また術前訪問では患者さんの不安や思いに対応することで、ニーズに沿った看護実践を目指しています。

PAGETOP