グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


がん治療について

ホーム >  がん治療について

がん治療について


はじめに

がんは1981年にわが国の死亡原因の第一位になり、以後年々増加しています。当院ではこの増加しているがんに対する診療に力を入れ積極的に取り組んでいます。
健診センターでは、肺がんドック、子宮がん・乳がん検診や胃カメラ、腹部エコー、腫瘍マーカーの検査を行い、早期発見を目指しています。消化器内科、呼吸器内科、外科、泌尿器科では専門医ががんの診断検査を積極的に行ない、ガイドラインに従ったがん治療を優先し、十分な説明のもと最前線の治療を行っています。入院治療だけでなく退院後の外来通院を含めて担当医が一貫して対応し、抗がん剤治療や緩和医療の切れ目のない継続的な治療を心がけています。がん治療には多職種によるチーム医療が不可欠で、化学療法委員会や緩和ケア支援チームでより良いチーム医療が提供できるよう検討を重ねています。

地域のがん患者さんに最良のがん治療を受けていただき、たとえ、完治困難であったとしても多職種カンファレンスを通じて療養生活の質の維持向上を目指し、他施設からの患者さんも受け入れるなど社会に貢献できればと考えています。

当院で行っているがん治療

部位 診療科
乳がん 外科
胃がん 消化器内科・外科
肺がん 呼吸器内科
肝臓がん 消化器内科
大腸がん 消化器内科・外科
尿路上皮がん(膀胱がん腎盂尿管がん)、前立腺がん 泌尿器科

ハイプラック外来について(放射線治療)

ハイプラック外来についての詳細は
専門外来ページにて記載しております。

PAGETOP