令和元年度 マツダ 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 40 157 141 161 277 454 809 1,575 1,363 371
指標の説明
2019年4月〜2020年3月の期間、保険(公費、生活保護を含む)を使用した一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)退院患者数を表し、年齢階級は、90歳以上を1つの階級としています。
◆解説
年齢分布傾向は昨年と変わらず70歳代の患者数が最も多くなっています。70歳未満の占める割合が38%、70歳以上の割合が62%と高齢者の受け入れが多くなっており超高齢化が着実に進んでいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 132 18.95 20.84 12.12 84.61
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 52 2.13 3.34 0.00 72.88
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 34 2.00 2.03 0.00 60.29
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 34 13.15 18.84 5.88 74.97
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 21 10.48 9.59 4.76 70.24
解説:
超高齢社会に伴い誤嚥性肺炎が増加しています。当科では標準的な誤嚥性肺炎治療が行えるようなシステムを構築し院内全体で誤嚥性肺炎治療に取り組んでいます。必要に応じて個人に合わせた酸素療法も行っております。また肺炎球菌は肺炎の原因として最も多い細菌であるため肺炎球菌ワクチンの積極的接種も行っています。嚥下機能が低下して誤嚥性肺炎を生じた患者では歯科と連携をとり嚥下機能評価などを行います。さらに体位ドレナージや口腔ケアも積極的に行い誤嚥性肺炎の再発予防にも取り組んでいます。

日本人の死因の第一位は癌であり、特に肺癌は癌死の中で男性では第一位、女性でも第二位となっており年々増加しております。当科では肺癌に対して積極的に検査を行い、手術不能な状態であれば化学療法を入院および外来で行っています。近年は遺伝子検査を行い特定の遺伝子が存在すれば分子標的治療薬を用いて長期予後が望めるようになってきています。また免疫療法の効果が認める患者でも長期効果が望めるようになっているため積極的な導入を行っています。

睡眠時無呼吸症候群は我が国では200万人近い患者がいると推定されていますが診断・治療を受けている患者は30万人程度にとどまっています。睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病や脳卒中、心筋梗塞のリスクも高くなるため早めの診断・治療が必要です。当科では睡眠時無呼吸症候群が疑われ紹介受診した患者さんにPSG検査やCPAP治療を導入し逆紹介を行っています。

間質性肺炎は原因不明の特発性間質性肺炎、薬剤に起因する薬剤性肺炎、膠原病に合併する間質性肺炎などが主体となっています。しかしこれらの間質性肺炎を正確に鑑別することは困難なことが多いです。当院では間質性肺炎患者に対しては積極的に気管支鏡検査を行い可能な限り原因検索と治療に生かすことに努めています。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 106 2.55 16.13 0.94 71.84
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 55 8.44 9.67 1.82 65.85
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 46 2.50 3.01 0.00 79.46
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 19.97 18.24 15.62 89.41
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 22 8.23 18.81 0.00 74.64
解説:
当科では大腸ポリープを内視鏡(大腸カメラ)にて切除しています。一般的には大腸カメラは外来で行い、5〜10mmの大腸ポリープを認めたときにはその場で切除し帰宅としていますが、10mm以上の比較的大きなポリープや血液をサラサラにする薬を飲まれている場合、出血の危険性が比較的高いと判断したときや、ポリープの一部に癌が存在すると考えられたときには、その場では観察のみとさせていただき、後日短期間入院にて切除することもあります。また、御高齢の方は安全のためにも最初から入院にて検査を行いますが、結果的に大腸ポリープ(主には良性腫瘍)が存在したときには内視鏡的切除を行っています(1位3位)。
大腸憩室に炎症を起こす大腸憩室炎です。絶食による腸管安静と抗菌薬投与が治療の基本になります。(2位)
2017年より厚生労働省の人口動態統計の中で誤嚥性肺炎は独立して集計されるようになりました。高齢化社会に伴い誤嚥性肺炎が増加していることが原因です。当科では標準的な肺炎治療が行えるようなシステムを構築し院内全体で肺炎治療に取り組んでいます。必要に応じて個人に合わせた酸素療法も行っております。また肺炎球菌は肺炎の原因として最も多い細菌であるため肺炎球菌ワクチンの積極的接種も行っています。嚥下機能が低下して誤嚥性肺炎を生じた患者では歯科と連携をとり嚥下機能評価などを行い誤嚥性肺炎の再発の予防にも努めています。(4位)
 5位は胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。高周波ナイフでがんの周りの粘膜を切開したのち、更に粘膜下層を剝離して切除を行っています。術前に内視鏡検査を行い、基本的には絶対適応病変に対して内視鏡的治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 22.08 17.71 9.09 85.05
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 26.95 20.84 15.00 89.03
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 2.60 3.01 3.33 71.63
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 23 2.00 2.03 0.00 63.04
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 3.96 4.40 0.00 67.48
解説:
当科では虚血性心疾患や心不全などの代表的な心疾患を、救急を含めて24時間体制で引き受けています。心エコー、運動負荷試験、心臓CT、心筋シンチグラムなどの非侵襲的な検査を外来で行い、必要に応じて入院での精査治療を行っています。治療に関しては各種疾患の治療ガイドラインを考慮して、個々の患者さんに最適な治療方針を毎日のカンファレンスで決定しています。冠動脈疾患に関してはカテーテル治療および生活習慣の改善を含めた動脈硬化危険因子の改善、心不全に対しては薬物治療およびASV(マスクによる人工呼吸)などの非薬物治療を行っています。高血圧・心不全疾患に対し定期的に勉強会を開催しています。心臓リハビリプログラムによる心不全再発予防にも取り組んでいきます。重症閉塞性睡眠時無呼吸症候群に対するCPAP導入、指導も積極的に取り入れており、精密診断のための一泊入院もあります。頻脈性心房細動に対する電気的除細動、心不全を呈する徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療も行います。
高齢者では心不全で入退院を繰り返す症例や嚥下障害で肺炎を併発する症例の在院日数が長くなる傾向にあります。リハビリ、嚥下訓練を行い個々の症例に応じた良い状態への回復を目指しています。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 32 13.09 14.10 0.00 66.59
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 19 13.47 13.72 0.00 58.26
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 13 13.54 11.51 0.00 64.00
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 13.25 13.41 0.00 51.5
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 11 9.36 10.84 0.00 63.27
解説:
主任部長が糖尿病専門医であるばかりでなく、肝臓病、消化器病、老年医学専門医でもあるという特性を生かし、肝性糖尿病、膵性糖尿病、高齢者糖尿病に対する加療、血糖コントロールを得意とするところが当科の特徴でもある。また、県下でも珍しい病的肥満症に対するフォーミュラ食を用いた低カロリーダイエット療法入院を行っており、大きな成果を上げている。入院での肥満症治療が不可能な患者には2018年度より、栄養指導と組み合わせた3か月間のサノレックス療法を外来パス化し、同様に取り組んでいる。
2型糖尿病、2次性糖尿病の待機的な教育入院だけではなく、低血糖昏睡時、急性発症、急性増悪時、また血糖コントロール不良患者に嚥下性肺炎や泌尿器感染症や敗血症を合併した症例などの緊急入院に対しても、糖尿病療養チームが中心となった多職種介入の上での療養、加療を直ちに開始出来るシステムを構築している。毎月2週にわたる全9コマの糖尿病教室を開催しており、入院患者のみならず、外来、近隣患者も無料で受講できるようになっている。
入院中に糖尿病合併症及び、糖尿病で多いとされる、がん、骨粗鬆症、認知症、睡眠時無呼吸症候群などを積極的に評価し、問題があれば総合病院であるメリットを生かし、他科と連携加療を直ちに開始するようにしている。他科手術前後の血糖管理も多数行い、入院加療向上、入院日数低減のための後方支援も行っている。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 105 1.97 4.85 1.90 64.86
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 63 325 4.40 0.00 69.06
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 44 3.25 4.74 0.00 70.82
060035xx99x80x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等28あり 副傷病なし 44 3.32 4.34 0.00 69.55
060035xx99x4xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 42 3.33 4.37 0.00 79.50
解説:
鼠経ヘルには毎年100例以上となっているが、日帰り手術が多く、平均在院日数は昨年1.84に比べ今年1.97とやや多いが、ほぼ変わらない。これは腹腔鏡手術が増え、全身麻酔手術のため、日帰りができないのが影響している可能性ある。結腸の悪性腫瘍 手術なしは細分化され2位−5位を占めているが、入院による化学療法や緩和目的の入院となり平均在院日数が少なくなっていると考える。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 122 33.41 17.74 75.41 65.31
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 91 29.32 23.56 1.10 77.82
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 91 27.88 14.10 1.10 29.53
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 91 30.00 25.94 58.24 84.41
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 59 8.63 7.12 0.00 43.02
解説:
当科の特徴は、膝および肩の関節外科に専門性があり症例の大多数を占めています。全体の9割が手術目的の受診で、地域外からの紹介も多数あります。変形性関節症や肩腱板断裂などの慢性疾患のほか、プロやセミプロチームのチームドクターがいるため、膝の半月板損傷や十字靭帯断裂、肩の反復性肩関節脱臼などのスポーツ外傷も多いことが特徴です。また、地域の基幹病院として近隣の救急外傷は積極的に受け入れており、大腿骨頚部骨折や脊椎骨折のほか交通外傷・労災外傷も増加しています。手術後のリハビリ治療などにより平均在院日数が全国平均よりやや長くなっています。大腿骨頚部骨折(人工骨頭挿入等)の患者さんの場合は、地域連携病院と治療計画を共有することで転院を可能とし在院日数の短縮を図っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 37 9.84 12.55 2.70 62.59
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 19 3.68 7.90 0.00 75.00
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 14 6.14 9.00 0.00 71.71
080190xxxxxxxx 脱毛症 - - 3.44 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし - - 28.56 - -
解説:
最も多い入院疾患は、蜂窩織炎や丹毒などの皮膚細菌感染症です。また帯状疱疹、水痘などのウイルス感染症も中等症〜重症であれば入院適応となります。皮膚良性、悪性腫瘍の手術を積極的に行っており、良性であっても部位やサイズによっては入院される場合もあります。急性期の進行期脱毛症ではステロイドパルス療法のための短期入院を行っています。薬疹、中毒疹では、重症例では入院の上、ステロイド全身投与治療を主体に加療しています。難病である、天疱瘡や類天疱瘡では、初発例、中等症〜重症例では入院加療をおこなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 116 2.09 2.49 0.00 69.80
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 60 7.82 7.07 0.00 72.05
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 35 9.89 8.98 5.71 67.63
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 35 14.51 12.58 11.43 76.49
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 32 9.03 8.52 0.00 72.28
解説:
当科は腎尿路の悪性性疾患、良性疾患の患者さんを多く受け入れております。中でも5位の前立腺肥大症に対しては2013年10月よりホルミウムレーザーを導入した事で、積極的に前立腺肥大症に対するホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)を行っています。従来のTURP(経尿道的前立腺切除術)と比較し、術後も安定した経過をたどり、入院期間は約1週間です。尿路結石の治療にも力をいれており、レーザーを用いた経尿道的結石砕石術、体外衝撃波結石砕石術など結石の状態に応じて適した治療を選択し行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 314 1.97 2.78 032 76.22
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 - - 5.09 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.66 - -
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし - - 8.72 - -
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし - - 10.85 - -
解説:
視神経疾患については、視野欠損や視力低下といった自覚症状が出ます。ご本人の希望に合わせ、できるだけ早い段階での改善もしくは再発予防を目的とし、点滴加療を行います。
眼窩感染症については、疼痛・視機能改善のため、原因検索および点滴加療を行います。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 47 7.87 7.80 0.00 20.49
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 44 4.98 5.45 0.00 34.57
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 27 6.04 6.80 0.00 47.78
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 25 5.48 5.01 0.00 58.48
030300xx01xxxx 声帯の疾患(その他) 喉頭・声帯ポリープ切除術等 12 3.42 4.84 0.00 53.92
解説:
 耳・鼻・咽喉・頸部の病気の診断とともに治療(手術)を行っています。近郊の耳鼻咽喉科医院あるいは他の診療科からの紹介が多いのが特徴です。診療対象は中耳炎・副鼻腔炎・扁桃炎等の急性・慢性炎症疾患をはじめ、めまい・突発性難聴・顔面神経麻痺などの神経耳科疾患、頭頸部の良性および悪性腫瘍を含め耳鼻咽喉科の頭頸部外科全域をカバーしています。小児の睡眠時無呼吸や慢性扁桃炎におけるアデノイド切除術・口蓋扁桃摘出術の症例数が多くなっています。 急性咽喉頭炎・扁桃周囲膿瘍などの感染症やめまいなどの入院加療も増加傾向にあります。  
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 49 19.12 16.13 36.73 68.27
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 10.18 9.67 2.63 75.71
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 17 1.76 3.01 000 65.00
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 16 29.00 18.24 62.50 80.69
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 18.60 18.81 46.67 72.13
解説:
主に、脳梗塞、脳動脈瘤、脳血管狭窄等の脳卒中と頭部外傷、てんかん、顔面けいれん、三叉神経痛などの機能的脳神経外科の治療を行っています。 脳血管内治療をはじめとする侵襲の少ない治療を行っていることが特徴です。慢性硬膜下血腫の治療は無剃毛で約2oの穿孔で行っており、術後の安静も必要なく、術後 早期の離床が可能です。水頭症手術は低侵襲の腰椎腹腔シャント術を行っています。顔面けいれん、三叉神経痛の治療は神経モニタリングを行い安全に行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 3 5 30 0 0 1 7.8
大腸癌 7 27 240 75 75 1 7.8
乳癌 3 3 0 6 4 4 1 7.8
肺癌 9 1 9 80 27 7 1 7.8
肝癌 0 1 1 2 0 0 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
解説:
【外科】胃癌・大腸がん医関しては、StageVまでが手術適応になるが、StagU以上では術後の化学療法も追加され、土地柄入院での治療を希望される場合も多い。StageWの場合、胃癌は依然として化学療法の効果はあまり高くないが、ハーツー陽性患者などは著効例もみられるようになり長期加療になる場合がみられるようになった。大腸癌は、化学療法の有効性は上昇しており、化学療法先行し、手術可能となるケースもみられるようになった。いずれにしてむ、外来・入院での化学療法の延べ患者数は増えいる。
乳がんは長期経過からの再発もしばしばみられ、化学療法のオプションは多いため、消化器癌よりもさらに長期的な加療となっている。

【消化器内科】
早期胃癌に対する内視鏡治療は、局所的な治療なので、胃壁外のリンパ節に転移がない病変が対象となります。胃癌治療ガイドラインに沿って内視鏡治療適応を決定します。早期胃癌に対する内視鏡治療には、@内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic Mucosal Resection, EMR)と、A内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection, ESD)の2種類があります。 以前は内視鏡的粘膜切除術( EMR)が技術的に比較的容易なこともあり主に行われていました。しかし、病変が1回の切除で取りきれないことがあり、治療後の再発を認めることがあるため、より大きな病変でも、一括で完全に切除でき、治療後の再発がほとんどない内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行うようになりました。しかし、合併症も多くなり治療時間がやや長くなる傾向があり、その治療手技には高度な技術が必要となります。
消化器内科ではウイルス性やアルコール性慢性肝炎・肝硬変疾患に対して、 CT・MRI・腹部エコーを頻回に行うことにより肝細胞癌を早期に発見するように努めており、当院での肝細胞癌の治療は、肝細胞癌治療アルゴリズムに準じて行っています。また、画像診断科と共同で経カテーテル的肝動脈塞栓療法や肝動注化学療法を行っています。

【呼吸器内科】
肺癌は診断された時点で進行癌(stageW)であることが多い癌です。進行肺癌に対しては従来より抗癌剤を使用した化学療法を行うことが主な治療となっています。しかし、近年は肺癌の研究が進歩して特定の遺伝子を有していた場合には遺伝子に合わせて分子標的治療薬が使用出来るようになっています。分子標的治療薬は少ない副作用で高い効果が期待出来るため、当院では肺癌の検査を行う際には遺伝子検査を行い、患者さんにとって最善の治療が受けられるように努力しています。また免疫療法も標準治療化され効果が認める患者では長期効果が望めるようになっています。
治療を行う際には抗癌剤治療、分子標的治療薬、免疫療法いずれの治療であっても、患者さんの希望に可能な限り沿えるように入院治療あるいは外来通院での治療を選択しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 8.59 52.65
中等症 52 11.73 79.08
重症 7 11.71 82.86
超重症 4 30.75 83.00
不明 - - -
解説:
肺炎全体では自立した生活が困難な高齢者の誤嚥性肺炎が増加していますが、若年者や生活が自立している高齢者でも罹患する市中肺炎も多いです。
当院での市中肺炎の症例数は中等症の割合が最も多く、全体の約7割を占めています。軽症から重症にかけて重症になるほど平均年齢が高く、平均在院日数が長くなっています。
市中肺炎も重症化した場合には死亡する可能性もあるため、発熱、咳嗽、喀痰などの症状がある場合は早めに受診することが大切です。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 142 25.45 75.16 41.51
その他 17 17.47 73.00 3.14
解説:
脳梗塞急性期の治療に力を入れています。脳梗塞急性期の血栓回収術で来院から動脈穿刺までは平均48分と迅速に行える体制を整えています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 97 0.69 1.90 2.06 73.44
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 22 0.82 6.41 0.00 74.64
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 20 0.25 1.50 0.00 66.60
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 19 3.16 8.63 10.53 74.00
K654 内視鏡的消化管止血術 18 0.28 9.28 11.11 72.61
解説:
内視鏡的結腸ポリープ切除(1位と3位)では、一般的には大腸カメラは外来で行い、5mm以上の大腸ポリープを認めたときはその場で切除し帰宅としていますが、10mm以上の比較的大きなポリープ、後から出血する可能性があるときには、後日短期間入院していただき、止血剤などの治療にて出血がないことを確認した後に退院としています。
 2位は胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。高周波ナイフでがんの周りの粘膜を切開したのち、更に粘膜下層を剝離して切除を行っています。術前に内視鏡検査を行い、基本的には絶対適応病変に対して内視鏡的治療を行っています。4位の内視鏡的乳頭切開術は主に総胆管結石を内視鏡的に取り除く場合、胆管の出口を広げる必要があり、その方法には、内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST: endoscopic sphincterotomy)があります。全身状態、石の大きさ、個数などにより計画的に内視鏡治療を行います。
5位の内視鏡的消化管止血術については、消化管出血による吐下血に対して状態に応じて緊急内視鏡で止血術を行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 15 2.07 2.13 0.00 65.53
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 13 2.85 7.46 0.00 81.38
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 12 0.00 9.50 0.00 71.33
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 10 0.00 9.50 0.00 63.1
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 1.00 2.90 0.00 77.2
解説:
当科で行っている手術は、冠動脈(心臓の動脈)や末梢(下肢など)の動脈に対するカテーテルインターベンション、徐脈性不整脈に対するペースメーカー手術、上室性頻脈に対するカテーテルアブレーションがあります。手術適応を検討の上、合併症を起こさないように、細心の注意を払って個々の患者さんに適切な治療を行っています。特に冠動脈ステント留置に際し冠動脈造影での狭窄率や狭窄形態に加え、血管内超音波や心筋血流予備量比(FFR)などを用い、治療が必要な場所に最適のサイズのステントを留置するよう心がけています。急性心筋梗塞への救急対応は24時間当番が待機して緊急治療を行っています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術5.鼠径ヘルニア 71 0.06 0.87 2.82 69.24
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 0.00 1.06 0.00 55.71
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 28 0.50 4.18 0.00 71.50
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 0.30 3.83 0.00 63.87
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 22 0.00 0.27 0.00 65.64
解説:
ヘルニア手術はほぼ当日入院、同日手術で日帰りがほとんどなので、術前日数0.06、術後日数0.87となっている。
2位の腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術も同様で、当日入院、全身麻酔下手術のため1泊入院となり、前日日数0、術後日数は腹腔鏡ではないヘルニア手術よりやや多い1.06となっている。
抗悪性腫瘍剤静脈内注入用埋め込み型カテーテル設置は当日入院が多く、術後化学療法行って退院するケースが多いため、術前日数0.5、術後日数4.18となっている。
腹腔鏡下胆のう摘出術は当日入院がほとんどで、術後も翌日から離床、経口摂取可能なため、術前日数0.3、術後日数3.83となっている。
下肢静脈瘤血管内焼灼術は局麻下手術で、ほぼ当日入院、日帰り手術のため術前日数0、術後日数0.27となっている。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩) 132 1.11 29.73 6.82 77.11
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 118 1.03 30.90 77.97 65.62
K0461 骨折観血的手術(大腿) 81 2.90 23.73 50.62 79.74
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 63 1.00 26.83 1.59 27.89
K068-2 関節鏡下半月板切除術 55 0.87 6.98 0.00 42.36
解説:
当科では、筋骨格系疾患の手術、特に膝・肩の関節外科手術と外傷や骨折の手術を数多く行っています。脊椎手術はほとんどありません。トップ5は表に示しておりますように、1位人工膝関節置換術(膝、肩)、2位肩腱板断裂術(四肢筋腱損傷)、3位大腿骨の観血的骨折手術、4位膝の十字靭帯断裂形成術、5位関節鏡下半月板切除術ですが、そのほか肩関節唇形成術や人工骨頭挿入術(股)もほぼ同数の症例数があります。転倒・転落・外傷などによる緊急手術や手術目的でご紹介頂いた患者さんを積極的にお受けして早期機能回復に努め、また個々の症例に応じて病診連携を通じ術後リハビリの役割分担を図りながらADLへの復帰を目指しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K072 皮膚悪性腫瘍切除術2.単純切除 22 0.05 2.95 0.00 75.23
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) - - - - -
解説:
局所麻酔での手術を主体におこなっていますが、全身麻酔での手術も可能です。皮膚悪性腫瘍は有棘細胞癌、基底細胞癌、ボーエン病などが多く、悪性黒色腫などは場合によっては広島大学病院などへ紹介させていただいています。入院期間はおもに1週間以内で、皮膚悪性腫瘍切除術、植皮術、皮弁術などをおこなっています。良性腫瘍は、粉瘤、脂肪種、母斑、線維腫などが多く、主に日帰り手術、外来手術、一泊入院などで行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 61 1.00 6.05 0.00 72.11
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 33 1.97 7.67 3.03 72.55
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 27 1.00 4.78 0.00 64.74
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 3.00 11.64 4.55 73.50
K800-2 経尿道的電気凝固術 17 0.71 3.65 0.00 71.41
解説:
当科のもっとも多い術式は、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)と経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー)です。ホルミウムレーザー導入により、より低侵襲な手術が可能となり、それを用いた術式を積極的にしています。 また、経尿道的尿路結石除去術(レーザー)、経尿道的尿管ステント留置術等積極的に行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 316 0.00 0.97 0.32 76.26
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) - - - - -
解説:
手術は、白内障手術をご本人の生活の質の向上を目的におこなっています。基本的にはご本人の希望される時に、安全第一で行なえるよう手術方法を選択し、視機能改善に努めています。必要時には術後視力に係る乱視矯正も同時に行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術2.摘出 41 1.00 6.22 0.00 21.54
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 16 1.00 4.06 0.00 48.38
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 0.86 4.43 0.00 53.79
K3932 喉頭腫瘍摘出術2.直逹鏡によるもの 12 1.00 1.17 0.00 52.50
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 11 0.00 0.09 0.00 4.36
解説:
手術疾患としては、口蓋扁桃摘出術、内視鏡下鼻副鼻腔出術、咽頭腫瘍摘出術、鼓膜チューブ挿入術の順に多くなっています。小児の鼓膜チュービング挿入術などの小手術症例においては日帰り手術を行っています。その他の手術として頸部の腫瘍摘出術など行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 29 0.14 9.07 3.45 78.34
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 13 1.77 7.15 7.69 75.23
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
解説:
慢性硬膜下血腫の治療は無剃毛で約2oの穿孔で行っており、術後の安静も必要なく、術後 早期の離床が可能です。経皮的頸動脈ステント留置術はパス入院となっており安全な治療が行えるようになっています。脳梗塞急性期の経皮的血栓回収術では来院から動脈穿刺までは平均48分と迅速に行える体制を整えています。脳動脈瘤に対する根治術は脳血管内手術を第一選択としておりますが、開頭術が必要な場合には術中モニタリングを行い安全な治療を心がけています。脳梗塞は全身疾患の一部分症であり四肢の血管狭窄を合併される方もおられ積極的に拡張術を行いっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.06
異なる 8 0.15
180010 敗血症 同一 20 0.38
異なる 18 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 4 0.08
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.23
異なる 0 0
◆説明
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。

◆定義
個々の入院において最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固(DPC130100)、敗血症(DPC180010)、その他の真菌症(DPC180035)、手術・術後の合併症(DPC180040)について患者数をカウントし、全患者に対する発症率を示す。

◆DPC(130100)播種性血管内凝固症候群
癌、白血病、重症の感染症などの基礎疾患が生じて、多くの臓器に微小な血栓が無数に形成され血管障害やつまりが生じ、組織に血液が行き渡らず虚血性の壊死を起こし、多臓器の機能不全や出血傾向をきたす症候群で当院は11件であった

◆DPC(180010)敗血症
真菌はカビ、酵母、キノコの総称で種類としては、出芽や分裂によって増殖する酵母と菌糸の先端から胞子の飛散によって増殖する糸状菌(カビ)等に分類される。体内にも普通に存在するが、時に感染症をおこすことがある(真菌感染症)。感染症の原因となる真菌症は主に糸状菌で白癬菌(水虫菌)、カンジタ菌(カンジタ皮膚炎)、アスペルギルス菌(各種呼吸器疾患)などがある。当院は4件であった。

◆DPC(180040)手術・処置等の合併症
国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を用いた分類表現で、主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類であり、当院は12件であった。
更新履歴
2020/9/30
新規作成