教室

トップページ > 専門外来 

禁煙外来

禁煙外来のご案内

タバコを止めることができないのは「ニコチン依存症」という立派な病気です。「禁煙しよう」と決めたら、保険診療でうけられる禁煙治療をお勧めします。
当院禁煙外来では循環器内科山本医師、健診科向井医師、および内科外来と健診科ナースのチームで診察に当たっております。タバコをやめたいがなかなか止められない患者さんや、周囲にぜひとも禁煙してもらいたい方などおられましたら、内科外来にご連絡ご紹介下さい。(紹介状は無くても大丈夫です。)

診療日と予約方法

診察は、毎週火曜日・水曜日の午後1時から3時 内科外来で行います。

完全予約制ですので前日までに082-565-5024までお電話で申し込みをしてください。
予約受付時間は平日の午後2時から4時までです。

禁煙成功率

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
75.6% 73% 87% 90% 84.2% 70.5%

保険適応要件について

  1. 1ニコチン依存症に係るスクリーニングテストでニコチン依存症と診断された方
  2. 2ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方
    ※(35歳以上の方の要件です、34歳以下の方にはブリンクマン指標要件はありません)
  3. 3直ちに禁煙することを希望している方
  4. 4禁煙治療プログラム(12週間にわたり計5回の禁煙治療を行うプログラム)について説明を受け、当該治療を文書により同意していること
    ※なお、上記1〜4のうちひとつでも要件を満たさない場合は全額自己負担となります。また、1年以内に他の医療機関で禁煙治療を受けたことがある場合も全額自己負担となりますのでご注意ください。

禁煙治療について



  1. 1治療法 下記 1) 2)のいずれかとなります。
    1)禁煙補助剤(商品名:ニコチンパッチ)の貼付
    2)禁煙治療内服薬(商品名:チャンピックス)」の服用
    禁煙補助薬であるチャンピックスが眠気、めまい、意識障害のために自動車事故に至った報告があり、「自動車の運転はしてはいけない」との注意が出ています。どうしても運転をされる場合はニコチンパッチを選択いただくこととなります。
  2. 2診療スケジュール
    ・1回目 初診(問診、同意書の記入等)
    ・2回目 禁煙開始から2週目
    ・3回目 禁煙開始から4週目
    ・4回目 禁煙開始から8週目
    ・5回目 禁煙開始から12週目
  3. 3費用(保険適応で3割負担の概算)
    ・貼り薬(ニコチンパッチ)の場合 計5回の受診で約14,000円
    ・飲み薬(チャンピックス)の場合 計5回の受診で約20,000円

骨粗しょう症外来

骨粗しょう症外来

骨粗しょう症外来を2013年4月から開設しています。
骨粗鬆症治療薬は、近年目覚ましい発展を遂げ、今後もさらに多くの新薬が使用できるようになり、患者さんにとっては福音となることと思われます。一方、骨粗鬆症ひとつをとっても、閉経後骨粗鬆症から、多種多様な続発性骨粗鬆症があります。骨粗鬆症の重症度や、既存骨折があるか否か、腰椎が弱いのか、大腿骨が弱いのか、等々で、本来は、治療も変わってくるべきだと考えます。骨粗鬆症領域でも、個々の特性に合わせて、より良い治療(テーラーメード医療)が受けられる時代となったのです。
検査(腰椎・大腿骨骨密度、骨代謝マーカー)の後、専門医が治療方針を決め、基本的にはかかりつけ医での治療に役立てて頂き、さらに定期的な検査フォローを行っていきます。

骨粗しょう症外来
日時:毎週木曜日13時から(第4木曜日は14時から) 予約制
医師:整形外科部長 田中 正宏