診療科・部門

トップページ > 診療科・部門 > 薬剤部 > 薬剤師外来

薬剤部                              

薬剤師外来

 外来で化学療法を受けられる患者さんをサポートするために、2015年10月より薬剤師外来を開始しました。化学療法が外来へ移行している中で、副作用をコントロールすることが治療の継続に大きく影響します。当院では、医師、看護師、薬剤師、さらに保険薬局薬剤師が患者さんを支えるチームとなり、最善の医療を提供することを目標に、日々の業務にあたっております。

◆初回指導

 化学療法を開始、また治療内容が変更となる方に、治療スケジュール、副作用の発現時期や症状の説明に加えて、使用中の薬剤についても確認を行い、相互作用の有無、化学療法が原疾患に与える影響など、薬剤の総合的な評価をしています。化学療法を開始するにあたって、副作用に対する不安を抱かれている方は多くいらっしゃいます。同じ治療をしていても、同じ副作用が発現するとは限りません。副作用は自分で対処できるものばかりでなく、なかには早急に医療機関の受診が必要になるものもあります。当院では患者さんの理解向上に貢献するため、副作用の症状や、日常生活のアドバイスを要約した独自のパンフレットを作成しています。

◆薬剤師面談

 診察までの待ち時間を利用し、薬剤師と面談を行います。薬剤師は患者さんから聞き取った情報をもとに副作用を評価し、個人個人に合わせた支持療法を医師に提案します。いつ、どの程度の副作用が発現しているのかを、より正確に把握するために、帰宅後の様子を症状チェックシートに記載していただきます。患者さんのライフスタイルに配慮し、できる限り普段と変わらない日常生活が送れるようにサポートしていきます。「先生に何て伝えたらいいんだろう...」、「忙しそうだから、時間を割いてもらうのも申し訳ない...」そんな思いから言いたいことを我慢している方も少なくありません。薬剤師面談は、患者と医師を繋ぐ役割を担っています。

◆診察後面談

 診察後、薬剤師が新しく処方された薬や変更された薬について説明を行います。同時に、保険薬局薬剤師と情報共有するため、薬薬連携シートを作成し、患者さんに交付します。保険薬局薬剤師には、患者さん経由で薬薬連携シートを確認していただき、当院での治療内容を把握して頂きます。保険薬局薬剤師は正しい情報を入手することで、患者さんにより適切で正確な服薬指導を実施することができると考えています。なお、当院では保険薬局薬剤師のスキルアップや、当院との連携強化を目的とした研修会や薬薬連携事例報告会なども行っております。

◆治療日誌

 当院ではパンフレット、症状チェックシート、薬薬連携シートをセットにした治療日誌を化学療法を受ける患者さん1人1人に交付しており、受診時に毎回持参していただいております。

◆当院採用レジメン

 当院で採用しているレジメンについてはこちらをご覧ください。