臨床病理検査室

検査室の特色

  1. 1精度の高い検査結果を維持するために努力しています。
    日本臨床衛生検査技師会、広島県臨床衛生検査技師会、広島県医師会などの主催する精度管理調査に参加し、優秀な成績を収めています。また、精度保証施設認証も受けています。
  2. 2チーム医療に積極的に参加しています。
    チーム医療の一員として、輸血療法や糖尿病の療養指導、感染対策、栄養管理などに積極的に参加しています。
    また、看護師や医事スタッフの協力を得て、中央採血室を臨床病理検査室が運営しています。
    循環器内科や脳神経外科・脳血管内治療科によるカテーテル検査および治療、消化器内科による肝生検およびラジオ波焼灼療法・エタノール局注療法などの治療にも積極的に参加しています。
  3. 3検査技術の向上のために研鑽しています。
    日本臨床検査技師会をはじめとするさまざまな学会や研究会に入会し、新しい知見を得ています。また学会やその主催する講習会、有志による勉強会などに積極的に出席しています。
    臨床検査技師だけでなくさらに資格の取得に努め、専門性を高めています。

    健康食品管理士 、細胞検査士、国際細胞学会細胞検査師、
    消化器内視鏡技師、超音波検査士(循環器・消化器・表在)、
    糖尿病療養指導士、医療情報技師、診療情報管理士、
    毒物劇物取扱責任者、有機溶剤作業主任者
  4. 4健診科と連携しています。
    血液検査・尿検査・心電図検査・眼底検査・腹部超音波検査・肺機能検査を行っています。検査室と健診科が連携することで、検査結果を正確かつ迅速に報告し、病院と健診の結果を共有することが可能になります。