診療科・部門

トップページ > 診療科・部門 > 外科 > 下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤 〜高周波による最新治療を行っています〜

足の血管がコブになる病気、それが下肢静脈瘤

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の血管の病気です。下肢とは足のことで、静脈瘤は血管(静脈)が文字どおりコブ(瘤)のようにふくらんだ状態になります。
下肢静脈瘤は良性の病気ですので急に悪化したり命の危険はありません。しかし、足のだるさや、むくみなどの症状が慢性的におこり生活の質(QOL)を低下させます。
患者数は1000万人以上とも推定されています。湿疹ができたり、皮膚が破れる潰瘍(かいよう)ができ重症になることがあります。このような方は、できるだけ早く当院を受診されることをお勧めいたします。

※画像提供:日本コヴィディエン株式会社

主な症状

下肢静脈瘤の症状はほとんどがふくらはぎにおこります。足に血液がたまることによっておこるので、午後から夕方に症状が強くなる特徴があります。しかし、足の症状は変形性膝関節症や脊柱管狭窄症など他の病気の可能性もありますので、心配な方は当院を受診して下さい。

 

・足の血管が浮き出る。

・ふくらはぎがだるい・重苦感

・足のむくみ

・足のこむら返り(つり)

・足がほてる・熱く感じる

・足のむずむず感・不快感

・足のかゆみ・湿疹

・足の色素沈着

・足の潰瘍

 

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤ができる原因はいくつかあります。その中でも、”下肢静脈瘤の3大要因”とされているのは次の3つです。

<長時間の立ち仕事>

 美容師・理容師・調理師・販売員・看護師など、同じ姿勢で立っている時間が長い仕事に従事している方は下肢静脈瘤が発症しやすいようです。また、進行もしやすいとされています。

<妊娠・出産>

 妊娠中や出産後に下肢静脈瘤ができる女性は少なくありません。
 特に、妊娠・出産の回数が増えるほど下肢静脈瘤になる割合が高くなっています。

<体質>

 遺伝的体質により、下肢静脈瘤になりやすい方もいます。親族に下肢静脈瘤の方がいる場合は発症しやすいようです。


下肢静脈瘤の治療方法

治療方法 保存的治療 硬化療法 ストリッピング手術 血管内治療

生活習慣の改善や

弾性ストッキング

などで症状を改善

したり、進行を予

防する治療です。

静脈瘤に薬を注射

して固めてしまう

治療です。

手術は静脈を切除

するストリッピング

手術が代表的な方

法です。

低侵襲治療で

高周波またはレーザーを

使ったものがあり、日帰りで

治療することができます。

下肢静脈瘤に対する血管内治療

血管内治療は、静脈の中に極細の管を通して、高周波やレーザーの熱で静脈をふさいでしまう方法です。
従来から行われている静脈抜去術(ストリッピング手術)では、太ももの付け根から膝下までの静脈を手術で取り除くために、二か所以上の切開創が残り、また内出血が広範囲に出現しますが、血管内焼灼(しょうしゃく)手術は、傷の痛みや出血が少ないため、いわゆる低侵襲(しんしゅう)治療(痛みや傷など体への負担が少ない治療)と呼ばれる治療です。

当院ではレーザー治療よりも侵襲の少ない高周波治療を2015年7月に導入しました。詳細はこちら

※画像提供:日本コヴィディエン株式会社

高周波による血管内治療の特徴

 高周波による血管内治療の特徴は患者さんの負担が少ないのが特長です。

1.日帰り手術が可能

2.傷跡は1ヶ所(ほとんど目立ちません)

3.術後の痛み、皮下出血が少ない

下肢静脈瘤外来診療表

診療時間
(受付時間)
診療曜日
午前 8:45〜11:30
(午前 8:15〜11:30)
1診
2診
3診 柴村
午後 13:00〜17:00
(午後 12:30〜16:30)
柴村

※下肢静脈瘤の外来診療は上記診察日以外も随時診療致します

お問い合わせ マツダ病院 外科外来 TEL082-565-5027