医療の質

トップページ > 医療の質 > チーム医療 > 褥瘡対策チーム

チーム医療

褥瘡対策チーム

皮膚科主任部長を委員長に皮膚科医、NST担当医、皮膚・排泄ケア認定看護師、リンクナース、薬剤師、理学療法士、栄養士などから構成され、外来患者や入院患者に対して褥瘡の発生予防と治療に関する提案を行うため多職種チームです。
各々が専門性を発揮し、褥瘡の発生しやすい方や褥瘡をお持ちの方には、褥瘡予防と治療の両面から、褥瘡の発症率を減少させる活動を行っています。また、退院後も地域と連携して褥瘡の早期治癒に努めています。

活動内容

褥瘡対策委員会を毎月1回開催し、データを元に褥瘡対策の討議・検討しています

褥瘡回診を毎週水曜日15時半から多職種で行っています
1)体圧測定を実際に行い、褥瘡予防マットやポジショニングについて検討提案しています
2)DESIGN−Rを用い創の評価を実施し、ケア方法や処置方法の検討をしています

カンファレンスを行い、適切な治療やケアを実施しています
1)危険因子の評価を行い,創を深達度分類で評価し局所治療をおこなっています
2)栄養サポートチームと連携しています

体圧分散マットレスやポジショニングクッションの検討と整備を行います
1)年2回在庫チェックを行い,購入検討を行っています
2)必要な方にいつでも使用ができる管理体制をとっています

スタッフ教育のための研修会を企画・運営しています
1)医師や皮膚排泄ケア認定看護師、多職種が褥瘡の基本編や応用編の講義・演習を行っています

メンバー

医師(皮膚科医師2名、NST担当医師2名) 4名

看護師(皮膚・排泄ケア認定看護師2名も含む)

11名
薬剤師 1名
管理栄養士 1名
理学療法士 2名
臨床病理検査技師 1名
臨床工学士 1名
事務職員 2名