医療の質

トップページ > 医療の質 > チーム医療 > 栄養サポートチーム

チーム医療

栄養サポートチーム(NST)

医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などの各専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い最良の方法で栄養支援するチームのことです。
患者さんお一人お一人の症状や疾患の治療に応じて適切に栄養管理を実施していきます。

活動内容

マツダ病院では、2005年4月より全科型NSTとして活動しています。
医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士が週1回の病棟ラウンドと月2回の症例カンファレンスを行っています。

当院のNSTの中に嚥下リハビリチームがあります。
最も生理的な栄養摂取方法である経口摂取のレベルを判断するため、嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査を行います。
検査で個人の嚥下機能のレベルを判断し、食事形態や食事摂取の条件を決めます。 
また嚥下障害に応じたリハビリテーションも看護師、理学療法士が協力しながら行っています。


嚥下内視鏡検査

嚥下造影検査

嚥下造影検査

メンバー

医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、検査技師、理学療法士、歯科衛生士、事務職員等で構成されています。

栄養サポートチームスタッフの役割