医療の質

トップページ > 医療の質 > チーム医療 > 感染制御チーム

チーム医療

院内感染対策チーム(ICT)

マツダ病院は、院内感染の予防・再発防止策及び集団感染事例発生時の適切な対応など院内感染対策体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスを提供いたします。また、院内感染対策チームを設置し、院内感染対策の日常業務実践チームとして組織横断的に活動しています。

活動内容

ラウンドの実施
院内感染対策チームは、1週間に1回程度、定期的に院内を巡回し、院内感染事例の情報収集を行うとともに、院内感染防止対策の実施状況を把握し、指導を行います。また、院内感染事例、院内感染の発生率に関するサーベイランス等の情報を分析・評価し、効率的な感染対策に役立てています。さらに、微生物学的検査を適宜利用し、抗菌薬の適正使用も推進しています。

職員教育
職員の感染対策に関する意識の高揚及び医療の質の向上を図るため、年2回程度全職員を対象に院内感染対策研修会を開催しています。また、院内感染対策チームと各部署の橋渡しとなるリンクナースを対象に勉強会なども開催し、現場での感染対策を担うリーダーの育成も行っています。

院外活動
安芸地区および近隣の医療・保健・福祉関連施設を対象にした安芸地区地域感染対策ネットワークの事務局としてテーマに沿った研修会を開催したり、必要に応じて感染症に関する情報提供を行い、近隣施設と感染防止対策の支援体制を構築しています。

メンバー

医師(インフェクションコントロールドクター) 1名
看護師(感染管理認定看護師) 2名
臨床検査技師 1名
薬剤師 1名