医療の質

トップページ > 医療の質 > 医療安全への取り組み

医療安全への取り組み

医療安全基本方針

マツダ病院は、病院理念のもと医療安全を徹底し、質の高い医療サービスの提供に努め、信頼される病院を目指しています。しかし、医療の高度化・複雑化、患者さんの高齢化などの要因にともない、医療事故のリスクが増大しつつあります。
そこで、病院全体で医療事故の温床となるような危険な医療行為や医療環境を洗い出し、原因を分析して「人間はミスを犯すものである」ことを前提にした事故防止対策を構築し、さらには、予防のための方策や教育・指導を行うことが、私たちの責務と考えています。

医療安全管理体制

患者さんに安全な医療を提供するために、「医療安全管理室」に専従の医療安全管理者を配置し、マニュアルの整備や“ヒヤリ、ハッと”した事例の報告を収集、分析、具体的な対策を検討するなど、医療安全を進めるための組織体制を構築しています。また、医療安全に関する施策の決定機関である「医療安全管理委員会」、その傘下で、すべての職種で構成する「医療安全部会」を設置し、 医療安全に関する各種活動を組織横断的に推進しています。

医療安全管理に関する活動

  1. 1各部門からの医療事故報告およびヒヤリ・ハット報告の収集と分析、事故防止対策の立案
  2. 2医療安全対策マニュアルの策定と遵守
  3. 3医療安全に関する現場巡視、事故防止活動
  4. 4「安全文化の醸成」を目的とした、医療安全に関する職員研修の企画・運営
  5. 5医療事故発生時の現場検証及び調査、対外的な対応
  6. 6医療安全に関する記録の作成と保管
  7. 7各部門からの医療安全管理に関する相談、助言(指導)など
  8. 8院外の医療事故や安全強化に関する情報を収集し、院内に展開・活用など
医薬品安全への取り組み

医薬品に関わるヒヤリハット事例の再発防止を目的に、原因を掘り下げ具体的な対策の実行や現場巡視、教育に取り組んでいます。

「配薬プロセスに関する“ヒヤリ・ハット”撲滅キャンペーン」
2013年6月より、現場発信型の改善活動を実施し、薬剤師・看護師協働で、配薬忘れ低減に取り組んでいます。

「与薬管理におけるバーコード患者認証システムの導入」
2012年11月から全病棟に展開し、誤薬の防止に努めています。
 

「内服自己管理患者選定の服薬確認テストと内服確認表の導入」
2013年6月から全病棟に展開し、患者さんとともに安全な服薬管理に取り組んでいます。

「インスリンに関わるエラーの防止」
2013年10月から全病棟にインスリン注射フローを展開し、インスリン関連の“ヒヤリ・ハット”事例の低減をめざしています。

「医薬品安全管理ラウンドの実施」
医療安全管理室と薬剤部が協働し、継続した監視体制を構築しています。

医療安全への取り組み

患者さんにより安全な医療を提供するために多職種連携で取り組んでいます。

「肺血栓予防の取り組み」

手術の有無を問わず、対象となる全ての入院患者さんのリスクを評価し、適正な予防策と観察を行っています。 詳細はこちら

研修会の開催

医療に携わる全職員対象の定期的な研修会や、薬剤師・臨床工学技士などの専門職を講師にした看護師対象の研修会など、あらゆる角度から医療安全に対する職員研修会を実施し、安全意識の向上に努めています。

患者さんが安心して診療を受けられるために

患者誤認防止対策として、患者さんご自身から氏名や生年月日を言って頂くことやネームバンドの導入、入院中の転倒防止についてのお知らせなどを行っています。

なお、医療安全に関する相談やご意見については、総合相談室と連携し、外来A棟2階の窓口でお受けいたします。ご遠慮なくお申し出ください。