病院概要

トップページ > 病院概要 > 病院理念・患者さんの権利

病院理念・患者さんの権利

病院理念

マツダ病院は温かい思いやりの心で
最新・最良の医療を提供し社会に貢献します

基本方針

  • 1患者さんの立場になって、心のこもった医療を提供します。
  • 2医療の安全を徹底し、信頼される病院を目指します。
  • 3地域の中核病院として、近隣医療機関との連携を図り、地域医療の向上に努めます。
  • 4最新・最良の医療を提供するため、常に研鑽に励みます。
  • 5自主・自律(立)の精神のもと、一人ひとりが生き生きとした、働きがいのある病院を目指します。
  • 6医療資源の活用を図り、健全な経営の確保に努めます。

患者さんの権利

  • 1個人として尊重され、良質な医療を平等に受ける権利があります。
  • 2自分が受けている医療について知る権利があります。
  • 3十分な説明のもとに治療を受ける権利があります。
  • 4医療行為について選択し決定する権利があります。
  • 5診療上の疑問のある場合には、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  • 6個人のプライバシーは保護される権利があります。

患者さんへのお願い

私たちが最良の医療を提供するためにご協力をお願いします。
  • 1ご自身の健康に関する情報を出来るだけ正しく伝えてください。
  • 2検査や治療の内容を十分理解し、合意の上でお受けください。
  • 3携帯電話の使用を制限している場所では、使用をご遠慮ください。
  • 4当院は、研修医、医学生、看護学生など様々な医療者への教育を行なっております。
    研修・実習・見学へのご理解とご協力をお願いします。
次のような行為があった場合は、診療をお断りするなど厳正に対処させていただきます。
  • 1病院内で大声を出したり、器物を破損する行為など
  • 2暴力をふるったり、暴言やセクシュアルハラスメント、ストーカー行為など
  • 3病院内での喫煙、飲酒などの禁止行為
その他
  • 1医療費の支払請求を受けたときは、速やかにお支払いください。
  • 2入院中は、多額の現金や貴重品を持ち込まないようにお願いします。

患者さんと医療従事者のパートナーシップについて

医療は、患者さんの理解と自己決定に基づいて行なわれるべきものです。したがって、患者さんと医療従事者が対等な関係でお互いの信頼に根ざしたパートナーシップ(対等な協力関係)を築いていくことが大切です。そのために当院では、患者さんが医療従事者と協同してご自分の治療に参加できるよう、様々な取り組みを行なっております。

職業倫理に関する方針

当院の医療スタッフは、医療に関わる職責の重要性を認識し、病院理念、基本方針に基づき、地域医療に貢献するよう次のとおり職業倫理を定めます。

  • 1医療に携わることの尊厳とその責任の重さを自覚し、教養を深め、人格を高め、資質の向上に努めます。
  • 2医療を受ける患者さんの人格を尊重し、優しい心で接するとともに、医療内容について十分説明し、患者さんの理解を得るよう努めます。
  • 3医療の透明性を確保するため、必要な記録を適正に管理するとともに、職務上知り得た個人情報は厳正に取り扱います
  • 4最善の医療を提供するために、常に新しい医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩発展に尽くします。
  • 5医療スタッフは互いに尊敬と理解のもとに良好な協力関係を築き上げ、チーム医療による適切で最良な医療を実現します。
  • 6医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に貢献するとともに、関係法令、ガイドライン、社内規則等を遵守します。

臨床倫理に関する方針

  • 1患者さんの人権を守ります。
  • 2患者さんの自己決定権を尊重します。
  • 3患者さんの個人の信条、価値観に十分配慮し、生命倫理に関する法令、ガイドラインなどを遵守します。
    • (1)終末期医療などに関する事項
    • (2)信仰、信条に関わる事項
  • 4医学や医療の進歩に必要な研究の実施や倫理的な問題を含む医療行為に対しては、治験委員会や倫理委員会などで倫理的、科学的観点から十分な検討を行ないます。

診療情報の開示

当院では患者さんとの情報の共有を図り、患者さんとの信頼関係の向上を目的として、医療の質の向上に努めるとともに、診療情報の提供(カルテ開示)を行っています。ご希望の方は、主治医にお申し出ください。