トップページ > 看護部 > 認定看護師の紹介

認定看護師の紹介

専門分野で活躍する看護師(公益社団法人日本看護協会認定)

皮膚・排泄ケア認定看護師

松田 隷子

Matsuda Reiko

創傷ケア・ストーマケア・失禁ケアは看護の基本です。
個々の患者さんに合わせたスキンケア方法を提案し、実践します。
「皮膚トラブルの予防」「入院前から退院後の継続的な看護」を提供することをモットーに日々努力していきます。

皮膚・排泄ケア認定看護師とは…

皮膚・排泄ケア認定看護師は、以前はWOC看護認定看護師と呼ばれていた分野です。
「創傷」「ストーマ(人工肛門・人工膀胱)」「失禁」に関するケアを専門的な知識と技術を持って働く看護師です。具体的には、院内各部署を横断的に活動し、皮膚にトラブルを生じやすい方へのスキンケアや失禁(尿や便が漏れ)に伴って起こる問題に対して、ケアの提案と実践を行います。また、褥瘡(床ずれ)の発生予防と環境を整えることで早期治癒を目指したケアを提供しています。
ストーマ(人工肛門・膀胱)を造設される方には、入院前から関わり、安心してストーマケアを実施していただき、退院後もストーマ外来で継続して、ストーマケアの方法や日常生活などの様々なご相談に対応させていただきます。
そして、専門分野に関する職員からの相談対応や院内教育を行うことで、皮膚・排泄ケア看護の質の向上を目指していきます。

感染管理認定看護師

村田 織江

Murata Orie

感染対策は医療従事者として必要不可欠な領域です。知識だけではなく、実践に繋げるために、看護師はもちろん他職種と連携をとりながら、臨床現場の細かい状況把握や啓発を行います。そして感染が起こってからではなく、感染が起こりにくい環境・人づくりに日々努めていきます。

感染管理認定看護師とは…

感染管理認定看護師は、患者さんやご家族、病院で働く全ての職員を感染から守るために、根拠に沿った感染対策を推進できるように活動をする看護師です。
感染予防策を遵守し患者さんに安心して医療を受けていただけるよう、感染対策部門であるICT(院内感染対策チーム)のメンバーと協働し、全職員に対する感染予防に関する教育、コンサルテーション(相談)、サーベイランス(感染発生状況の調査)、院内ラウンドの実施などを行っています。感染対策上の問題発生時にはまず現場に向かい、必要な助言を行っています。一番大切なことは、直接現場を見ないとわからないということです。感染管理は現場と方向性を合わせ、全職員が共同した動きを取ることが大切です。
感染管理の専門知識、技術を活かして医療関連感染を少しでも減らし、患者さんにも病院職員にも安全な病院環境を整えることを目的に活動を行っていきます。

集中ケア認定看護師

新家 さち子

Shinke Sachiko

私は早期離床を目指して、個々の患者さんにあった質の高い看護ケアが行えるように努めています。
さらには医師・臨床工学技士・理学療法士・看護師による呼吸ケアチームを結成し、人工呼吸器の早期離脱に向けてのチーム医療を行っています。

集中ケア認定看護師とは…

集中ケア認定看護師とは、生命の危機状態にある患者の病態変化を予測した重篤化の回避や廃用症候群などの二次的合併症の予防をできるように専門的な知識・技術を持って働く看護師です。
具体的な業務内容は、@専門的な知識・技術を駆使して、根拠に基づいた看護ケアの実施を行うこと、A二次的合併症を起こさないために体位変換、オーラルバランス、呼吸訓練などの促進を行い、早期離床により早期回復の看護ケアを実施すること、B実践・指導・コンサルテーション(相談)を実施することです。

糖尿病看護認定看護師

倉橋 美輝

Kurahashi Miki

糖尿病は本人の生活習慣の改善が必要なため、自己管理が重要な疾患です。患者さん個々に合った生活を支援していけるよう患者さんに寄り添い、共に考える看護を実践(療養相談、フットケアなど)していきたいと思っています。そして医師を始め、薬剤師や栄養士など他の医療従事者との連携を深め、患者さんやご家族をサポートしていきます。

糖尿病看護認定看護師とは…

現在40歳以上の4人に1人は糖尿病、あるいは予備軍と言われ、年々増加の一途をたどっています。糖尿病看護認定看護師とは、糖尿病患者さんを生活者と捉え、糖尿病の悪化、合併症の発症、進展の予防をしながら、その人らしい生活が継続できるようにセルフケアや療養生活を支援していく看護師です。糖尿病看護の質の向上を目指し、院内外の看護師へ指導・相談活動が展開できるように実践していきます。

摂食嚥下障害看護認定看護師

松岡 聖剛

Matsuo Kiyotaka

食べることは生命を維持し成長するための行為であり、人間の基本的欲求です。何らかの問題により口から食べることを障害された方のために、「安全な食生活」が送れるよう、チームアプローチで食べる楽しみを支えて行きます。

摂食嚥下障害看護認定看護師とは…

加齢や発達上の問題、疾患・治療による摂食嚥下機能障害を有する患者さんの病態をアセスメントします。フィジカルアセスメントの結果を踏まえ、患者さん個々に適した嚥下訓練や食事形態の選択、食事介助方法プランを立案し、患者さん・ご家族・スタッフと共に実践を行います。また低栄養や脱水、窒息、誤嚥性肺炎などの合併症を予防し、摂食嚥下障害の増悪を防止するリスク管理も行ない安全な食生活を構築していきます。
患者さんのQOL向上を目指して、個別性、専門性の高い看護を実践できるよう実践・相談・指導を行っていきます。