トップページ > 看護部 > 看護部のご紹介 > ごあいさつ

看護部のご紹介

〜ようこそマツダ病院看護部へ〜

マツダ病院は、マツダ(株)を経営母体とする企業立の病院です。病院の成り立ちは、社員の健康の維持増進のための医務室から始まりましたが、現在は、広島市東部地域における基幹病院として急性期医療を担う地域に根ざした病院です。

看護部では、病院理念のもと、「地域の人々の健康を守るため、責任ある看護を提供します。そのために、看護職員一人ひとりが豊かな人格と感性を持ち、患者さん及びご家族の立場を理解し安全で質の高い援助を行ないます」という看護部理念を掲げ、日々の看護にあたっています。

国は、2025年を見据え、社会保障制度改革を推進しています。広島市東部地域においても高齢化は加速し、医療・介護ニーズは増大し多様化・複雑化しています。そのニーズに対応するために、看護部では、医療チームの一員として、多職種のスタッフと協働し、看護の専門性を発揮し、倫理観を持って、自立的に判断できるよう看護実践能力の向上に努めています。

看護部継続教育のコンセプトは“超”(こえる)です。看護職員全員が〜今の自分を超える〜ことを目標にして、研鑽を積んでいます。現任教育は、「新人卒後研修」「マツダキャリアラダー」「看護研究」の3本柱で展開し、より優れた看護職員を輩出できるよう人材育成に努めています。そして、看護の道を目指した「志」を大切にし、自信と誇りを持って生き生きと輝き、働き続けられるよう環境を整備しています。

職員同士で互いにいたわり励ましながら、人間関係を大切にしていくマツダ病院、笑顔と元気が絶えないマツダ病院であなたもご一緒に働きませんか?
看護部長認定看護管理者 尾崎 仁美