医療関係の方へ

トップページ >  医療関係の方へ > 保険薬局の方へ

保険薬局の方へ

院外処方箋への検査値用紙添付について

 マツダ病院では2015年10月より地域保険薬局との連携の一環として、患者さんの検査値の一部について、処方鑑査に必要な情報を院外処方箋に添付することといたしました。記載される検査値は過去3ヶ月以内に測定された直近の値です(空欄の場合は、3ヶ月以内に測定された値がありません)。記載される検査項目、基準値などの詳細については、検査値一覧表をご覧ください。

 保険薬局において患者さんの検査値を参照し、服薬指導等に活用していただくことで、適正で安全な薬物療法推進につながるものと考えます。保険薬局各位のご理解・ご協力をうけ賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

 なお、検査値は個人情報となりますので、取扱いに十分ご留意ください。患者さんによっては開示を拒否される場合もありますので、ご了承ください。

 

 

がん患者さんに対する薬剤師外来について

 マツダ病院薬剤部では2015年10月よりがん患者さんを対象に薬剤師外来業務を開始します。

 抗がん剤治療を開始する患者さんにはレジメン毎に説明文書を交付し、スケジュールや発現しやすい副作用と発現時の対処方法などを説明します。

 治療中の患者さんには症状チェックシート疼痛チェックシートを交付し、日々の症状を記録して頂き、受診時に薬剤師が確認します。確認された副作用や疼痛状況に応じ、支持療法(副作用の治療薬や予防薬)や鎮痛薬の処方を医師に提案します。支持療法の内容や日常生活の注意点などを患者さんに説明し、それらを記載した薬薬連携シートを作成します。「治療日誌」にレジメン毎の説明文書・症状チェックシート、疼痛チェックシート・薬薬連携シートをファイリングし、患者さんに交付します。患者さんにはかかりつけ薬局で治療日誌を提示するよう説明します。

 保険薬局ではこれまで不明であった注射抗がん剤や院内での説明内容を「治療日誌」を確認することで把握できるようになります。これらの情報が、より質の高い薬剤管理指導業務につながり、患者さんがより安全に、より安心して日常生活を送れるようになればと考えています。