がん診療について

トップページ > がん治療について > 薬剤師外来について

がん治療について

薬剤師外来について

当院ではH27年10月よりがん患者さんを対象に薬剤師外来を開始しました。治療開始時には使用する薬剤について発現しやすい副作用やその予防方法、発現時の対処方法などについて説明させて頂きます。その後、治療内容や説明内容を「治療日誌」と呼ばれるファイルに綴じ、患者さんにお渡しします。かかりつけ薬局で「治療日誌」を提示して頂くことで、かかりつけ薬局の薬剤師も治療内容を把握でき、より充実した薬剤の説明が可能になります。「治療日誌」には「症状チェックシート」もファイルし、患者さんに日々の症状をご記載頂きます。受診時に「症状チェックシート」を医師、看護師、薬剤師が確認し、症状の改善についてチームで対応します。これらのことで患者さんの生活の質(QOL)を向上させることが出来ればと考えています。